ゴンガリガリ×椙山女学園大学×三ツ山猫プロジェクト

「自分の街をもっと知る、好きになる」

地域貢献のための絵本

このプロジェクトは、地域のために、地域の子どもたちのために、(株)グラフィッコと椙山女学園大学星野ゼミ、三ツ山猫プロジェクトの3つのチームがコラボして、絵本を通じてもっと自分の住む街を好きになってもらおうというプロジェクトです。名古屋市千種区の人気のスポット「東山動植物園」と「覚王山祭り」をストーリーの舞台に、地域のお店にも協力して頂き、街の活性化にもお役に立てるような絵本を作ろう!というプロジェクトです。

絵本の資金の一部はクラウドファンディングで集め、出来上がった絵本は東山動植物園、地域の協力店、愛知県内の書店にて取り扱っていただくことになりました。まだまだ活動中です!

詳しくはプロジェクトのホームページからどうぞ!↓

ストーリーのご紹介

 

ある日、覚王山祭りに遊びに来ていた地元の住民、ゴンガリくんと三ツ山猫のミツ。

お祭りには街の人たちがたくさん出店していて

ステージでは歌や踊りなどが行われる予定で、毎回みんな楽しみにしています。

 

その時です。

 

係の人があわててやってきました。

「大変!象さんが倒れて夕方のステージに出られないよ!」

どうしようどうしようと考えるみんな。

そこでミツが提案しました。

「動物園に相談したらどうかしら?」

 

あまりのり気でない街の人たち

でもゴンガリくんが言いました。

 

「行ってみようよ!行ってみなくちゃはじまらないよ!」

・・・・・・

 

さてさて、どんな展開になるのでしょう。

ゴンガリガリの絵本についてのお問合せは

ゴンガリくん公式ホームページ

ゴンガリガリオンラインストア

ゴンガリくん絵本プロジェクト



関連会社


株式会社 グラフィッコ 名古屋市千種区見附町1-3-4 TEL:052-782-5400